第20回日本認知症ケア学会大会 認知症ケア学会ポスター発表 

高齢者施設や介護アロマセミナーとして流行っている「介護アロマ(認知症アロマ療法)」ですが、これって単なる芳香でよいの?嗅覚が衰えてきた方、ニオイが分からない方にどうやってアプローチしたらよいの?芳香だけではトレーニングにならないですよね?アロマをやりたいけどどうやって?などなど多くの質問を頂きました。

従来の自律神経を整えるアロマセラピーでも有効だと思いますがさらに積極的に「嗅覚」を鍛えていく方法を発表しました。

嗅覚の訓練はしたいけど具体的にどうやって?と言う方にぴったりな嗅覚トレーニングです。トレーニング(嗅覚のリハビリ)でも良いですし、まずはレクレーション、香り当てゲームなど楽しみながら実施することもできます。

薫(くん)くんケアの嗅覚とコミュニケーションに及ぼす高価ー主体的に香りと会話を楽しむ 嗅覚トレーニングー

多くの方に興味を持って頂き、活気あふれるポスター前でした。「嗅覚」「香り」を具体的にケアに活用する新しい取り組みが非常に面白いとの声が多く、ケアやレクレーションに取り入れたいとの事。アロマセラピーの天然精油のみではなく、「くらしの香り」「生活に密着した香り」で高齢者の嗅覚と記憶に働きかける新しい試みです。

 

 

嗅覚トレーニング、嗅覚訓練指導士資格は一般社団法人日本非薬物療法協会の認定です。