マスク用アロマシールで嗅覚健康管理

新型コロナウイルス感染の症状のひとつとして、嗅覚障害、味覚障害が認められることがあるという報告が相次います。

咳、熱、倦怠感などの症状が無いかあっても軽度の方であっても嗅覚障害だけを自覚するケースもあるとのことで、症状のひとつとして注目されています。

嗅覚は日頃からあまり意識していないため、「そういえば!」と思い返すことも多いと思います。

マスクにアロマシールを貼っていて、最初からニオイが全く感じられない場合はもう少し嗅覚に意識をもってみましょう。アロマシールが指標のひとつになるかもしれません。※嗅覚がないからといって感染したわけではないので目安としてお考え下さい。

またマスクに貼るだけで、香りによって気持ちが落ち着いたり、マスクの嫌なニオイが緩和されたりするのでピタッとアロマは重宝します。

※マスクの表側に貼って下さい。裏側(皮膚の方)に貼ると香りのついた面が肌につくためぴりぴりすることがあります。また目の近くにはっても刺激で目が痛くなることがあります。マスクの場合は、スミになるのがおすすめです。