アロマの差別化、サロンの差別化、お客様や患者様の検証をしたい…など
導入希望の方は導入から実施までトータルサポートさせていただきます。

認知症は、現時点では残念ながら、「こうすれば認知症にならない」という方法はありません。しかし最近の研究から「どうすれば認知症になりにくいか」ということが少しずつわかってきました。しかし、まだまだお元気な方でも、現在の認知機能がどうなのか?が、わからないことには的確な予防もできませんし、むやみやたらに不安になってしまうだけです。医療機関、薬局、介護福祉施設はもちろん、認知症チェックと予防を地域に密着した整骨院やサロン等でも積極的に行うことによって明るい町作りに貢献することが出来ます。

「認知機能見える化」「認知症アロマ療法」導入について

5分で・楽しく・ネットで・見える化

脳活バランサー CogEvoは、認知機能を「見当識」「注意力」 「記憶力」「計画力」「空間認識力」の5側面に分類。これらの機能を実績ある12種類のタスクを行うことにより、個々の認知機能の特性を把握できます。
結果を記録する事で、時系列に沿った推移を確認する事ができます。 また、楽しく取り組めるので継続できることも大きなポイントです。

ニオイを感じにくくなっていませんか?物忘れが現れる以前から嗅覚の機能が衰え始めている!

認知症の初期症状のひとつに、「嗅覚の衰え」があることが知られています。とくに、アルツハイマー型認知症では、海馬が萎縮し記憶障害を起こすよりも前に嗅神経の機能が低下することがわかっています。
(1)アロマテラピーは認知症の周辺症状に効果的
(2)匂いの脳への刺激は認知症予防につながる
(3)嗅覚トレーニング・香り回想法でさらに刺激

香りと健康

アロマ療法は、植物から抽出した精油を使い、西洋医学以外の「補完代替医療」「非薬物療法」として実施されています。精油の香りが脳に刺激を与えることによってもたらされる効果や、皮膚を通して体に与えられる作用を期待して行われています。

アロマテラピー導入の魅力!!

アロマがある事で予防の段階から治療まで
子供からシニア世代まで、疾患年齢関わらず、幅広くいつまでも患者様をお迎えする事ができます

導入サポート内容


1. 日々の認知機能を記録&脳トレ導入のお手伝い

5分で・楽しく・ネットで・見える化:クラウドで生まれる新たな見える化 /主な機能と特徴
専門家によって考案された実績のある12種類のタスクで、楽しみながら継続的に認知機能のアセスメントとトレーニングができます。
最新と過去のデータを5角形のレーダーチャートやグラフで表示。経時変化を見ることで、その人の認知機能の推移が一目でわかります。記録されたデータは印刷が可能です。
クラウドサービスのため利用者人数の制限がなく、データ管理もしやすくプログラムされています。各施設では、少人数から多人数までのトレーニング環境を実現します。 また、低コストでスタートでき、アカウント登録完了後、利用可能。稼動までのスケジュールが短く、常に最新の状態でご利用いただけます。
基本の5種類のタスクを使って、認知機能のバランスをチェックします。継続的に測り認知機能の推移を確認します。


2. 脳活バランサー導入

イベントやデモで一度お試し頂くことが出来ます。認知症予防講座や認知症イベントなど開催時には是非お声かけください。ご来場の患者様、お客様へ無料で認知機能チェックを受けて頂くことが出来ます(集客に大好評!)
■最近の開催例 認知機能チェックが好評
・弁護士による認知症問題研究会講座:「認知症の家族が加害者になったら!」
・阪神健康メッセ「認知症予防について」
■脳活バランサー導入費用
1.初期登録費用
登録費用80,000円  デバイス登録費用(1台あたり) 20,000円 (初回のみ)
・法人登録費用は、請求単位で発生します
・デバイス登録費用は、使用デバイス毎に必要となります
・使用デバイスを追加する場合は、追加台数に応じたデバイス登録費用が必要です
・お支払い方法は弊社指定口座へのお振込みとなります
・価格はすべて税抜表示です
2.月額利用料  1デバイスあたり 15,000円

3. 認知症アロマ療法導入

■貼るだけで嗅覚刺激!あたまの健康アロマ(昼用・夜用)
効果的な精油が染みこませたアロマシールを衣服にはるだけで、嗅覚が刺激されます(商品の詳細はこちら
匂いの刺激は直接、海馬のある大脳辺縁系に伝えられ、その刺激が海馬で神経細胞を再生させることができると言われています。アルツハイマー型認知症は、物忘れなどの症状が出てくる前に、嗅覚の衰えに気づく方も多いと言われています。このような方は、匂いで脳を刺激してすることで、嗅覚を再生あるいは衰えさせないようにすれば、認知症の予防につながると考えられています。

睡眠不足や寝不足は認知症のリスクを高めます。香りは睡眠の質を上げ翌朝すっきり目覚めることが出来ます。就寝前に香りを垂らしたアロマシールをパジャマや枕に貼って寝ることでゆっくりお休みいただけます。朝の目覚め、午前中の活動量が変わってきます。ディフューザー(芳香器)を使うと他の方に邪魔になる入院中や香りの嫌いなご家族が一緒の場合は、パーソナルスペースのみ芳香できる貼るアロマシールが有効です。それぞれ使いやすい道具を選んで下さい。アクティブシニア・MCI(軽度認知障害)の方の予防から初期~重度認知症の方まで幅広くご使用いただけます。それぞれの段階に応じてご利用方法をお伝えします。

4. 認知症アロマ療法導入:香り回想法:暮らしの中にある香りで思い出がよみがえります!

■視覚と嗅覚、五感でさらに認知症ケアが出来ます
香りの印象は強力で忘れにくく、香りを嗅ぐとその時の記憶がよみがえります(ブルースト効果)脳の働きを活発にすると言われています。「ニオイを積極的に嗅ぐ」「脳血流量の活性化」などを目的として心地よい受け身のアロマとは異なるアプローチ方法です。
香りの回想法としての「薫くんケア」は高齢者に馴染み深いカレーなどの絵カードとそれぞれの香りのアロマを用いて積極的かつ主体的に脳を刺激します。
薫くんケアアロマオイル:カレー、コーヒー、バナナ、牛乳石けん、歯磨き粉、ケーキの香りなど人生や生活に密着した香りを使用することで記憶がよみがえりコミュニケーションも活発になります。


5. 認知症アロマ療法関連商品

<Ⅰ>ピタッとアロマシリーズ(貼るアロマシール):精油専用のシールに滴下して携帯ディフューザーとして使用できます。精油を垂らしても横から液だれしません。シール背面からも漏れることなく、衣服にはることが出来ます 。芳香器のそばと離れたところでは香りの強さが違うなど不便さもたくさんありました。貼るアロマシールでは、シールに香りを垂らすだけで携帯ディフューザーを作ることが出来ます。外出先でも香りを楽しめます。衣服や机、ノート、ランドセル、杖、車椅子などなど皮膚以外の場所に貼ることが出来ます。シニア(特に認知症の方)の方が口に入れてしまわないようセーターなどの起毛衣服でもしっかり着くように作られています。(詳細はこちら)熱や水を使用しないので、精油の成分変性がなく、長時間の芳香が可能です。検証:(地独)大阪作業技術研究所

<Ⅱ>香り回想法 薫くんケアセット:新しい嗅覚の刺激方法です。
嗅覚トレーニング、香り回想法、香り当てゲーム、レクレーションなどいろいろな使い方が可能です。

実際に認知機能テストやあたまの健康アロマを導入された皆様をご紹介します

認知機能テストやあたまの健康アロマを導入された方の主な理由

  • 認知症の方には非薬物療法も必要だと思うから
  • 認知症の予防がこれといってないのでできることは取り入れていきたいと思ったから
  • 薬で対応できない、あるいは薬だけよりもアロマなどを取り入れた方が良い方もおられるので
  • 認知症のアロマは研究がすすんでいるので
  • 手軽にできるもの、効果があるといわれているものなので
  • 手軽にリクレーションができればと思って

お問い合わせ

アロマテラピー導入に向けて弊社がサポートします

先生方・経営者の想いをしっかりお聞きし、対象となる患者様の選定、他病院との差別化、
価格設定・必要経費などから、受付の仕方・説明の方法、ポスター掲示などトータルでサポートさせて頂きます。
医療現場で実施できるアロマのスタッフ研修などもございます。
アロマセラピストなど人材の派遣も実施。
さらに良い病院、クリニックになりますよう頑張ります。

お問い合わせ