健康寿命の延伸/医療費の削減/新しい患者のサービスに嗅覚を使ったアロマテラピーの可能性は無限大です

一般的に「アロマテラピー」というと「女性の趣味」や「リラクゼーションエステ」「サロン」などファッションとしてイメージされがちです。そのような「おしゃれ」を除き、治療の補助、非薬物療法として活用できるアロマセラピーをご提案致します。弊社のノウハウや成功事例の蓄積がアロマ導入から運営維持できるようサポートさせて頂きます。

アロマテラピー導入例

出産の次は婦人科ケア/不妊治療から更年期治療/親世代の介護など長いお付き合いが可能!

不妊治療にアロマを取り入れて高度医療と併用するクリニック、出産時にアロマを取り入れて妊婦ケア、産後のアロマトリートメントなどあらゆる場面でアロマが導入されてくるようになってきました。アロマがあることで西洋医学+αが提供でき、長い年月、家族単位で通院されます。

団塊世代からアクティブシニアには認知症予防アロマ療法が!認知症の発症は嗅覚の衰えも!

アロマは認知症の非薬物療法として有用です。また、認知症患者だけでなく、アクティブシニア、MCIの段階から認知症を予防をすることが出来ます。

5つの認知機能を見える化」+介護アロマ=嗅覚刺激やアロママッサージの有用性が目に見えて比較出来るので繰り返しご利用いただけます。

認知機能を「見当識」「注意力」「記憶力」 「計画力」「空間認識力」の5側面に分類。これらの機能を実績ある12種類のタスクを行うことにより、 個々の認知機能の特性を把握できます。結果を記録する事で、時系列に沿った推移を確認する事ができます。また、楽しく取り組めるので継続できることも大きなポイントです。アセスメント(見える化)とトレーニングを実現し、日々の認知機能を記録することで、脳の変化の予兆を掴み、認知機能の見える化を実現します。

痛みのない体づくりにはメンタルも重要です

リハビリテーションを繰り返す、メディカルフィットネスで運動するだけで痛みが軽減されない方にはメンタルへのサポートが重要です。アロマがある環境でリハビリをする、抗炎症作用や鎮静作用の精油を使ったアロマトリートメントはリハビリにさらなる効果をもたらします。

  

アロマテラピー導入の魅力!!

アロマがある事で予防の段階から治療まで
子供からシニア世代まで、疾患年齢関わらず、幅広くいつまでも患者様をお迎えする事ができます

導入サポート内容

1. 院内や施設内の芳香

  1. 感染症対策:風邪、インフルエンザ対策として人気
  2. 消臭対策、ニオイ対策:トイレ、体臭などニオイの気になる
  3. リラクゼーション:待ち時間のイライラの軽減、緊張をほぐします
  4. 季節ごとの香りなどその他目的に応じてご相談ください

各診療科目ごとに人気の香りなどもございますのでご相談ください。
POPや院内掲示物など一緒に納品が出来ます。(左記:整形外科院内ポスター例)

<芳香時の患者様の感想>

  • 病院特有の匂いがゆるくなって良い香り
  • 待ち時間の緊張感がニオイによってリラックスできる。やわらぐ。
  • トイレの臭いが気にならない
  • 認知症予防の香りを拡散していると聞いて嬉しくなった
  • 風邪やインフルエンザ対策のアロマと聞いた。病院にいると風邪がうつりそうなので対策してくれてて嬉しい

2. 院内や併設施設等でアロマ外来やアロマルームの設置

患者様のリラクゼーションはもちろん、治療の補助としての臨床アロマなどが実施可能です。導入形態やご予算などご希望をお問い合わせください。導入例や詳細をご説明させて頂きます。経理や伝票等の流れ、院内の調整、受付のマニュアル化、患者様への提案方法等導入やアロマセラピスト派遣なども実施。職員様でアロマができるように研修も実施。院内スタッフでアロマ外来等の運営も可能です。

<例>

・回復期病棟での活用:在宅復帰を目指してリハビリを実施。アロマの併用で各症状や悩みが軽減されることが多い。不眠の改善や痛みの緩和

・ストレスケアとして:香りとタッチケアのトリートメントでストレス軽減

・高齢者の睡眠障害・拒否・不穏などに:多剤による腎機能や肝機能の低下がみられ、アロマを活用することにより副作用緩和することが出来る。睡眠の質が高まる(認知症ケアも)

・メディカルフィットネスなど自費メニューとのコラボレーション



3. 院内・施設内でのアロマ研修

職員の皆さまのアロマ研修を実施いたします。
基礎的なアロマ知識や医療・介護現場のアロマ症例、他の病院例などをご紹介いたします。

近年実施アロマセミナー 一部ご紹介
総合病院 概要、使い方、副作用や禁忌、他の病院での導入例や副作用、事故などの例、患者様への実施方法、外来・病棟での実施例等
医師組合 概要基礎から応用。各診療科目でのアロマ具体例、アロマ外来での症例をご紹介

ご家族のための楽しいアロマクラフトレッスン

アロママッサージ講座(患者様へ、ご家族へのケアなど)

医院、クリニック 概要、応用、クリニックへの導入例や実施方法
院内スタッフの施術練習、クラフト作成などアロマイベント練習看護師、セラピストのためのアロママッサージ講座
薬局・薬店・ドラッグ 概要、応用、薬局で活用できるアロマ例、他の薬局での導入例や差別化の方法。

アロマイベント例や継続させる方法。薬剤師や受付のアロマ教育

高齢者施設 介護アロマ研修、介護予防に使えるアロマ研修
芳香の仕方から施術方法など具体的な目的(認知症ケアに使いたいなど)に応じて他の施設例をご紹介
MCIや認知症予防対策(テストもご用意)タッチケア、アロママッサージ練習

4. アロマセラピスト派遣

院内で活躍でき、臨床・介護アロマの経験豊富なアロマセラピストが伺います(医療国家資格あり・なし)費用・訪問日程はご相談の上決定いたします。日々のアロマトリートメント、院内研修、健康教室、イベントとしてのアロマなど様々な用途でご活用下さい。

アロマのお部屋あり、無しなどもご相談下さい。過去の導入例等などをご紹介いたします。

5. 商品の取り扱い

リハビリ時にアロマシール、院内の芳香用のアロマ、患者様への販売などアロマ関連商品のご紹介が可能です。香りの芳香器、精油、その他アロマ関連商品をご案内いたします。

<例>ピタッとアロマシリーズ(貼るアロマシール):精油専用のシールに滴下して携帯ディフューザーとして使用できます。熱や水を使用しないので、精油の成分変性がなく、長時間の芳香が可能(詳細はこちら

6. 認知機能の見える化

「認知症アロマ療法」と「認知機能の見える化」で健康寿命の延伸を!認知症アロマ療法と組み合わせる事でさらにアロマの効果がわかり、患者様のモチベーションアップに繋がり明るい町作りに貢献することが出来ます(詳細はこちら

大阪府高石市健幸リビングでのイベントやはじめ医療機関、薬局、介護施設、整骨院等で多数実施。

実際にアロマテラピーを導入された医療機関の皆様をご紹介します

アロマテラピーを既に実施している興味があるという先生の主な理由

  • 血液検査などに表れない体や心の不調に良いと思うから
  • 病気の予防として利用できそうだから
  • 薬の副作用を軽減したいから
  • 痛みに良いと思うから
  • 患者様のご家族のストレス、看病疲れにも良い
  • 患者様の治療に少しでも役立てば嬉しいと思ったから
  • 他の医療機関との差別化を図りたい。集患・増患のため
  • 院内の雰囲気を和らげたい。病院独特の匂いをなんとかしたいから
  • もともとアロマが好きだったから
  • スタッフの健康管理のため(心や体の安定に)
  • 福利厚生として
  • その他

総合病院(堺市、神戸市など)

患者様に治療のお手伝いが何かできないかと思っていました。安全性や感染や費用面でクリアにしなければならないことは、まだまだ山積ですが、少しでもお役にたてるようチームに取り入れています。まだまだ勉強中です。

 

  • 入院病棟のニオイの問題を解決(アロマの芳香でごまかすだけでなく、様々な取組を実施中)
  • 入院患者様、外来患者様のメンタルなサポートに

有床病院(整形・内科)

診察の待ち時間が非常に長く、以前から受付等に苦情が来ており、患者様も職員もイライラしていた。待ち時間のイライラ解消のための短いハンドマッサージを実施してます。15分ずつくらいでご希望される患者様にアロマをしています。アロマの効果と香りの効果で苦情クレームが格段と減少。最近では、日常でもイライラが減ってきた、手や指の関節が痛かった、肩コリがあった方が楽になったといいに来られるかたもおられます。

内科・小児科

患者様へのアロママッサージを導入しているが大変好評でした。お年を召された方にも参加していただき、初めは不安でしたがマッサージもさることながら香りに癒されたといっていただく方が多く、これから伸びていく分野だと思いました。不眠症、慢性疲労、介護疲れ、腰痛、肩こり、頭痛、パニック障害、婦人科の悩みなど幅広い患者様がご利用中です。毎週水曜日にアロマセラピーを実施

整形外科・リハビリ

医師:「日本整形外科学会」の治療ガイドラインに腰痛の8割がメンタルに関係するという記載があり、衝撃をうけたのがきっかけである。アロマには、疼痛コントロールをする手段にはよいものであると判断したため導入した。今の自分(理学療法士)の治療方法で改善されない、症状・障害や患者さまのためにできることがないかと思っていた時に、アロマが医療に導入されていつことを知り、興味をもったことがきっかけです。その後アルツハイマー型認知症の予防(嗅覚刺激による)になる可能性があることを知り、さらに興味をもち勉強したいと思いました。

腎臓内科

医師が行うメディカルアロマを目指す。始めたきっかけは、もともとアロマが好き。クリニックの中で患者様にアロマをできないかと思ったため。このスクールに入ったきっかけは、医師組合のメディカルアロマ講座に初めて参加して、講師が玉野さんだったため。

消化器内科

「アロマ」と表現すると、知らない人には、なにやら取っつき難いものに感じますが、私たちの周りには、香りや匂いが、たくさん、あたりまえのように存在しています。その中で、嗅ぐと、気持ちが落ち着いたり、元気が出たり、目に見えない、香りのおかげで、心が揺れ動くのを誰もが経験してきたと思います。私は、ある映画の「ラベンダーの香り」がどんなものかずっと知りたいと思っていました。あこがれ続けると、御縁ができて、ある拍子に、ラベンダーの香りをかぐことができ、それが、お香であったり、エッセンスオイルであったりしました。数年前、医師協でアロマ講座に参加することができ、玉野先生から、いろんな面からアロマについて学ばせていただきました。そしてご縁があり、当クリニックで、患者さんにアロマセラピーを施していただきました。それ以来、今まで上っ面でしかなかった知識を先生から確実なものになるように導いていただいております。なかなか、身についてはおりませんが、知ると知らないでは、「たかが香り、されど香り」の実感具合が違います。多角的な知識を付け、アロマを自分のものとしていかせて行けたら、人生の幅が広がると思っています。

その他病院アロマ導入の声

  • 香りがあるおかげで院内の雰囲気が変わりました。素人や普通のアロマでは知識不足で芳香するのも怖かったのですが、きちんと患者層を把握してもらい、使用方法を指導してもらったので安心して使っています。患者さまも院内と同じ香りを欲しがるのでお分けしています
  • アロママッサージは、やはり効果があるようで、しっかり通ってもらうと不定愁訴にはとても良いようも思います
  • アロママッサージを受けてもらっています。頭痛の方が多いですが来てもらっているアロマの方が上手なのか鎮痛剤よりも効くそうで患者様は定期的(2週間に一回や1か月に一回)通っておられます。鎮痛剤の使用量も減っているのでとても良いことだと思います
  • 患者が増えた
  • 患者からの紹介が増えました
  • 近所だけでなく紹介がアロマの場合は多いので、遠いところからも来られます。クチコミ効果です
  • 何よりもみなさん笑顔で帰られます。それをみるととても嬉しいです
  • 院長の加齢臭が気にならなくなった(笑)
  • 受付で患者様とのコミュニケーションが取れるようになった。楽しいです
  • 痛みが楽だと言われる患者様が多いように思います

お問い合わせ

アロマテラピー導入に向けて弊社がサポートします

先生方・経営者の想いをしっかりお聞きし、対象となる患者様の選定、他病院との差別化、
価格設定・必要経費などから、受付の仕方・説明の方法、ポスター掲示などトータルでサポートさせて頂きます。
医療現場で実施できるアロマのスタッフ研修などもございます。
アロマセラピストなど人材の派遣も実施。さらに良い病院、クリニックになりますよう頑張ります。

お問い合わせ